HOME > Cafe > Cafe Gallery Archive > Cafe Gallery archive 2011

Cafe Gallery Archive 2011

六鹿泰 絵画展

2011年12月14日(水)~2012年1月6日(金)

六鹿泰 絵画展六鹿泰 絵画展

【詳 細】
油彩
制作をする上で、画家に最も必要なことは、何かを追求する姿勢だと考えています。
追求すべきものが、対象として存在するのか、それとも自分の中に在るのかは、別として。
私は、制作する過程そのものを追求したいとも考えています。
見たまま、在りのまま描く写実的表現だとしても、絵の具で描く絵画としてどのように成立すべきなのかを模索し続けたいと思っています。

松島智里×白神恭子 二人展
彼方なるもの~花々の錬金術~

2011年11月28日(月)~12月12日(月)

松島智里×白神恭子 二人展松島智里×白神恭子 二人展

【詳 細】
アロマの専門家でもある二人が、アロマテラピーという枠を超えて、花々の魂との共鳴をコラージュと石けんで表現。
具体的には…薔薇、ジャスミン、白檀などアロマテラピーにおいても重要な芳香植物を共通のテーマに据え、その香りや背後にある物語などあらゆる面 から受けたイマジネーションをコラ―ジュと石けんで形にしました。
壁面(コラージュ、石けん)と立体(石けん)で計18点の作品を予定。
香気たかい精油をブレンドして作った香りをご用意します。視覚と嗅覚で愉しんでいただけたらと思います。
松島智里:http://www.cloud9-art-tea.jp/
白神恭子

neiro個展
~ ねいろ の おと ~

2011年11月14日(月)~11月27日(日)

neiro個展neiro個展

【詳 細】
樹脂やビーズ、ボタンや粘土など、さまざまな素材を使用したアクセサリーやオブジェの展示。

綱沢陽子・平井真由美 二人展

2011年11月14日(月)~11月27日(日)

綱沢陽子・平井真由美 二人展綱沢陽子・平井真由美 二人展

【詳 細】
パステル画、油彩

青地大輔写真展
犬島時間

2011年10月3日(月)~10月17日(月)

青地大輔写真展青地大輔写真展

【詳 細】
犬島といえば、煙突と銅精錬所跡をイメージすることがほとんどだろう。しかし、長期に島に通い続け、島民と関わり、またそこに滞在することで見えてくるものがある。今回の写真展では、あえてそれではない犬島の部分を切り撮る写真家 青地大輔による写真展
http://blue-works.jp/

古山コスミ 写真展
旅の途中 「夢と現実の狭間」

2011年10月19日(水)~10月31日(月)

古山コスミ 写真展古山コスミ 写真展

【詳 細】
~一番憎むべきは、あるがままの人生にただ折り合いをつけて、あるべき姿のために戦わないことだ~
「ラ・マンチャの男」

2010年から2011年に国内外を旅する中で、自分のあるべき姿を追い求めて撮った写真。
この旅は続く。

小倉(馬場)重臣と仲間達展

2011年9月19日(月)~10月2日(日)

小倉(馬場)重臣と仲間達展小倉(馬場)重臣と仲間達展

【詳 細】
初心者のための美術教室で制作している生徒及び講師 小倉(馬場)重臣の水彩画を中心とした作品。
講師HP http://www.art-baba.com/

船橋弘範 写真展
-星のきれいな村-TEKAPO

2011年8月193日(金)~9月3日(土)

船橋弘範 写真展船橋弘範 写真展

【詳 細】
ニュージーランドの南島にあるテカポ村で撮影した星空のある風景写真を中心にして、昼間の氷河や湖の風景写真も展示します。
~夢にまで見たテカポの星空は、星たちの光で自分の影ができるほど綺麗だった~
マウントジョン山頂で空を見上げる。そこには、まっ白な川が流れていました。
正に「The Milky Way」と呼ぶにふさわしい夢にまで見た光景でした。
しばし呆然として、写真撮影も忘れて立ち尽くしていました。

<プロフィール>
岡山県倉敷市在住アマチュア写真家。
IT関係の仕事に従事中。
2009年より星空のある風景写真(星景写真)撮影を始める。
日本星景写真協会:会員
天文同好会「岡山アストロクラブ」:会員
Think the Earthプロジェクト:アースコミュニケーター

「政治家が本当は言いたいだろうけれど、口が裂けても言えないだろうことを勝手に代弁するポスター展」

2011年9月4日(月)~9月18日(日)

「政治家が本当は言いたいだろうけれど、口が裂けても言えないだろうことを勝手に代弁するポスター展」「政治家が本当は言いたいだろうけれど、口が裂けても言えないだろうことを勝手に代弁するポスター展」

【詳 細】
「政治家が本当は言いたいだろうけれど、 口が裂けても言えないだろうことを勝手に代弁するポスター展」
Copy & Design 田中雄一郎
Photo 田中園子

世の中が不景気なると自分を含めた国民は自分のことを棚に上げて政治家のせいにする。
つまり人のせいにする。もちろん政治家がしっかりしないといけないのは確かだが、果たしてそれは全て政治家のせいだろうか?その政治家を選んだのは誰なのかということを鑑みるとそうとは言い切れないのではないか?
今回のポスター展ではどちらが良いとか悪いとか(判別する裁く)を言うつもりは毛頭ない。
責任のなすり付けをするのではなく、どちらもお互いが今一度襟を正して、よりよい日本に戻るように政治家を含めた国民一人ひとりが今以上に努力することが必要なのではないかということを投げかけるものである。

Hiroyuki Watanabe 写真展
「光が魅せるロハスな時間とスピリッツ」

2011年8月4日(木)~8月18日(木)

Hiroyuki Watanabe 写真展Hiroyuki Watanabe 写真展

【詳 細】
パプアニュウギニアをメインとした、エコ&ソウルな写真
写真家、渡邊博之が残した作品には共通点がある。
それは”作品に共感できる”という事だ。
彼は言う「本当に美しいと感じるモノは、みんな共通。だけど豊かになり過ぎた暮らしやせっかちに生きる毎日に、その美しさを忘れがちになる。
私はレンズを通して、心の奥にしまわれた美しいと思う気持ちを刺激する。だから共感してもらえる」と。
また彼はダイビングインストラクターとして水中写真の評価も高いが、そこにもきっと”自然からのメッセージ”が込められているのだろう。
http://www.eco-luxe.jp

淵元洋一・河合伊礎子共作展
「君へ」

2011年6月18日(土)~6月30日(木)

淵元洋一・河合伊礎子共作展淵元洋一・河合伊礎子共作展

【詳 細】
詩歌と写真を合成した作品

光畑三枝子展
レカンフラワー

2011年7月18日(月)~7月31日(日)

光畑三枝子展光畑三枝子展

レカンフラワー
生花を乾燥花にしてデザインしたボタニックアート
レカンフラワー教室 サロン・ド・ジュリア 主催

有希子・安希子 作品展
『有相安行』

2011年7月2日(土)~7月16日(土)

有希子・安希子 作品展有希子・安希子 作品展

十余年共に暮した街に、十余年経った今また集う。
二人の姉妹が撮影した、同じ場所で見た違う世界『小さかった私達は、その小さな世界こそが全てだった。
あれから幾年月、 互いの存在をあるがままに、今ここに記そう。』

林三從展

2011年6月1日(水)~6月17日(金)

林三從展林三從展

【詳 細】
林三從の遺したモノ
油絵、水彩画、メモ、イベントの記録、オブジェ等

小椋智史展

2011年5月18日(水)~5月30日(月)

小椋智史展小椋智史展

【詳 細】
海を見たくて旅をした。心奪われ溢れ出た絵画。

Kayochi 写真展

2011年5月1日(日)~5月16日(月)

Kayochi 写真展Kayochi 写真展

【詳 細】
犬が全力で疾走する時の躍動感とスピード感のある体の動きや表情を捉えた瞬間のランショット写真と風景写真

色鉛筆画グループ作品展

2011年4月15日(金)~4月28日(木)

色鉛筆画グループ作品展色鉛筆画グループ作品展

月に2回、第一、第三金曜日の午前中に岡山市民会館で色鉛筆画を楽しんでいる色鉛筆画グループと丸山又史氏による作品展

吉行鮎子 作品展
「不思議の国のあなた」

2011年3月30日(水)~4月14日(木)

吉行鮎子 作品展吉行鮎子 作品展

【詳 細】
不思議の国のアリスがアンダーランドの世界へ落ちた時のような感覚を表現したいt思い描き始めた作品群
油彩平面。

<プロフィ-ル>
2009 
 世界絵画大賞展 優秀賞 
 全日本アートサロン絵画大賞展 大賞
2010 
 世界絵画大賞展 大賞 
 シェル美術賞 入選

奥卓真 油絵展
「マルタ島の印象」

2011年3月14日(月)~3月28日(月)

奥卓真 油絵展奥卓真 油絵展

マルタ島の旅行で描いた油彩画とスケッチ

山口れいこ ほの猫3展

2011年2月26日(土)~3月13日(日)

山口れいこ ほの猫3展山口れいこ ほの猫3展

【詳 細】
ほの猫というのは、自著”ほのぼの猫生活”から、そして3は、3匹の猫からつけたタイトル。
3匹とも元は、のら猫捨て猫です。
初めのうちの人間不信の固まりのような猫たちは、愛情には愛情で返してくれます。
癒しという温かな愛情で....
猫の柔らかな毛のふわふわ感を、水彩の上から何度もパステルを重ねて表現。
絵を見て下さる方々と共に、命の輝きを感じながら、優しさと温かさを共感できれば 幸いです

Megumi Imura写真展
「Uncommon Places」

2011年2月5日(土)~2月21日(月)

Megumi Imura写真展Megumi Imura写真展

岡山のなにげない土手沿いの風景写真

山口聡一郎 写真展
-ROAD-

2011年1月5日(水)~1月16日(日)

山口聡一郎 写真展山口聡一郎 写真展

【詳 細】
僕の生活圏である岡山県東部地区の風景をまとめ、今年一月に蒼穹舎から出版した写真集「EAST POINT」と、日々の生活の中で車窓からの眺めを撮影し、印刷物とした「front window」の二つの作品集の中から道のイメージを強く感じさせる写真をセレクトしました。


《ぼくは、写真を撮る時いつも路上にいます。これからも、路上にて写真を撮り続けて行く事でしょう。≫